石黒体育施設株式会社

Sports Ground

Ishiguro

体育施設作りの専門家(設計施工)


石黒体育施設株式会社 ロゴ画像

舗装材種類

石黒体育施設 施工例

パーフェクトトリムは、環境に配慮した新しい舗装材です。詳しいご案内>>

施工例

プレーに安心・安全のご提案

利用者・周辺の人々の安全確保は今や施設管理者の責任です。石黒体育施設は様々なシーンでの安全安心を考えています。

頑張れドラゴンズ

頑張れドラゴンズ

石黒体育施設株式会社は中日ドラゴンズを応援します。

アドバンスページ

アドバンスページこちらもご覧ください。



石黒体育施設について

総合運動公園、サッカー場、防球ネット、陸上運動公園、ラグビー場、フェンス、野球場、ジョギング走路、多目的広場、テニスコート、学校グラウンド、その他運動施設の設計・施工を行っています。



石黒体育施設株式会社 会社概要画像

明治43年4月 東京大学のコートで行われた東大対京大の庭球試合。この日も翌日も雨に降られて勝敗決まらず3日目に東大の勝ちで決着(毎日新聞社 決定版昭和史第3巻より)この歴史的一場面にも石黒体育施設の技術と伝統が生きています。

■ 石黒体育施設の信念

1910年(明治43年)
創立者が《より良い記録、より豊かな精神は、よい体育施設から生まれる》を信念に石黒体育施設を創業して以来100年あまり。石黒体育施設は、創業時より、体育施設づくりの専門家の道を一貫して歩んできました。
今、運動施設の役割は、単なる技術の修得、記録の向上のための施設のみならず、私たちひとりひとりの健康づくりの場として、また、コミュニケーションプラザとして、発展しつつあります。しかし、欧米各国と比較すると、まだまだ立ち遅れているのが現状です。さらに、高齢化社会に向かって、運動諸施設の充実が市民サイドのニーズとして高まっています。
石黒体育施設では、今後とも創立者の意思を継ぐとともに、さらにより豊かな郷土づくりに寄与すべく社員一同邁進努力する所存です。

■ 石黒体育施設の沿革

明治43年 1月
創業(石黒商店)
東京大学テニスコート施工
明治44年 3月
名古屋ローンテニスクラブ施工
大正13年 4月
全国中学校選抜野球選手権大会(現選抜高校野球選手権大会)第1回開催会場・八事山本球場施工
昭和 4年 8月
先代石黒甚之助の石黒商店を石黒忠正が継承
昭和 5年 3月
当社初の公認陸上競技場(乙種)を施工(名古屋高商陸上競技場)
昭和 7年 4月
名古屋市営鶴舞公園運動場(甲種400m)施工
昭和 9年 8月
名古屋(八事産)の土を馬車・鉄道で輸送
明治神宮外苑陸上競技場(東京)に納める
昭和23年 7月
石黒商店を組織変更し石黒体育施設株式会社を設立
資本金50万円
昭和24年 3月
当社初の第1種公認陸上競技場を施工
(名古屋市瑞穂公園陸上競技場・第5回国体会場)
昭和24年10月
最初の登録建設工事(庭球場・運動場)施工
昭和36年 5月
資本金100万円
昭和37年 1月
資本金200万円
昭和37年11月
資本金300万円
昭和39年10月
資本金600万円
昭和46年 3月
ウレタン系全天候舗装材・パーフェクトウェザーを開発
昭和48年 4月
日本で初の国産材料による全天候型第一種公認陸上競技場を施工
(トヨタスポーツセンター陸上競技場)
昭和52年12月
資本金2,000万円
昭和53年12月
神戸支店開設
昭和55年 1月
資本金3,000万円
昭和61年 3月
当社初の公認軟式庭球場を施工(岡谷市営テニスコート)
昭和62年 3月
日本初の公認サッカー場を施工(愛知県口論義運動公園)
平成 3年 3月
日本初の内外野砂入人工芝正式球場を施工
(名古屋市瑞穂公園野球場)
平成 6年 9月
愛知県内で開催のわかしゃち国体会場として、陸上競技場(瑞穂公園陸上競技場、北陸上競技場)、硬式野球場(瑞穂公園野球場)、軟式野球場(豊橋市民球場)、フィールドホッケー場(庄内緑地公園陸上競技場)、硬式テニスコート(東山公園テニスセンター)、ラグビー場(鶴舞公園陸上競技場)、ソフトボール場(扶桑町総合グランド陸上競技場)等の諸施設を施工。
平成11年10月
第15回都市公園コンクールの施工部門において、建設省都市局長を受賞(刈谷市総合運動公園)
平成12年 4月
沖縄県具志川市陸上競技場施工(沖縄県初のスカイブルートラック)
平成13年 3月
札幌市モエレ沼公園人工芝テニスコート施工
平成18年10月
代表取締役に石黒和重が就任
平成20年5月
全天候舗装材として、クリーンなゴム素材パーフェクトトリムを開発
平成21年3月
愛知県一宮総合運動場陸上競技場を全天候舗装に全面改修
(パーフェクトトリム)
平成22年2月
沖縄県総合運動公園庭球場施工(美ら島沖縄総体2010会場)
平成22年9月
七尾市和倉温泉多目的グラウンド施工
(国際サッカー連盟 ☆☆ 2Star 取得)
平成25年4月
代表取締役石黒和重が岡崎信用金庫総代を委嘱される
平成26年2月
中日ドラゴンズ屋内練習場にエコタイプの照明を設置
平成27年2月
中日ドラゴンズ屋内練習場リニューアル工事
平成27年2月
中日ドラゴンズ屋内バッティング練習場自動集球システム設置
平成27年10月
中日ドラゴンズOB 小松辰雄氏 顧問(アドバイザー)就任
平成28年6月
公益財団法人日本体育施設協会より永年の体育施設建設に対し功労賞を
授与される
平成28年10月
当社が一般社団法人名北労働基準協会労務労災部会幹事を委嘱される